Certification
資格認定

※法人会員の企業様に勤めている個人様は15,000円(税別・D級C級向け教本付き)にて個人会員に登録でき、受験費用5%割引いたします。
※法人会員様には、D級C級向け教本を12,000円(税別・20%割引)にて提供いたします。
※法人会員様は、AFFA認定デモンストレーション派遣型講習短期集中セミナーを受講頂けます。
※法人会員企業様にお勤めの方が、検定試験を受験する際は、個人会員としてご登録いただく必要があります。

協会が認定する5段階の技能検定級

検定級は5段階で分けられ、それぞれの級を取得するためにはそれぞれの技能検定試験を受験し合格する必要があります。階級はS/A/B/C/Dの5段階で、「S級」が最上級となります。
D級は生花祭壇制作に必要な初歩的挿花技術、C級はD級の技術からフォルムを作り出す挿花技術、B級は最小幅の中にも生花祭壇として成り立つ総合的な挿花技術、A級はD~B級で培った技術を応用し組み合わせた幅・大きさのある生花祭壇制作技術、S級はA級の技術をより正確にスピーディーに制作する技術+お客様の意向を形にするデザイン力を判断基準としています。
また最上級のS級に合格後、ご希望の会員様にはAFFAの「認定講師」の資格を得るためのOJTを受けることができます。
認定講師の補助をしながら経験を積むことで「認定講師」としての資格を得ることができ、セミナーや講習会の講師、試験官などの仕事の斡旋を受けることができ、認定講師として活躍できる場が広がります。

S級
指導者・業界プロフェッショナルとしてハイレベルな技術 A級の技術を要し「より短時間で制作が可能である」「お客様の要望からデザイン画を起こし制作できる」「葬儀の場所にふさわしい立ち振る舞いができる」など総合的な力を有する。
A級
応用技術の組み合わせ、表現力の高い製作技術 大型祭壇設計図から詳細を読み取り、独自の色彩感覚を使用したさまざまな生花を組み合わせる技術と、「空間把握能力」を活用し、祭壇を一人で作成する技術がある。
B級
応用技術 家族葬を始めとする小規模葬から中規模葬までの祭壇(C級とD級で学んだ洋花を含むフォルムやラインを使用した複合デザイン)を作成する技術がある。
C級
基本フォーム ご葬儀で使用するお棺前の花装飾やご遺影前の花装飾(1800×450程度)等を制作する基礎技術がある。
D級
生花祭壇の制作に必要な基礎技術 生花祭壇の制作に必要な基本的用語を理解し、菊を用いた直線や曲線を制作する基礎技術がある。